So-net無料ブログ作成
検索選択

悩む旦那 [介護]

旦那が10日に出張から戻り昨日は離島の姉と姑のお見舞いに。
私は(休みで家にいたのですが)誘われもしないので、お留守番。
(普段は私が一人で行っているのだ、こんな時に休まないでいつ休む)


義母の容態は相変わらず。今月に入って経口を促す為に毎食ミキサー
食が付いてくるのですが、1〜2口ですぐ経口拒否。
結果、毎食鼻からの経管栄養。管が入れっぱなしなので看護師も無理
強いしません。むせもなく飲み込めるのですが、「吐きそう」と訴える。
実際吐いたりはしていないとの事。

以前から「吐く」「しかぶる」(人から下の世話をされる)事を異常に
気にするとこがあって、それがかえって手がかかる事態を招く人では
あって、施設でも気持ちが悪くなると、食事のせいにしたり、量が
多いだの、職員が食べろと勧めるからだの人のせいにしてました。
ここでもなんだかんだ言いたいはず。

teruyo.JPG

最近は「連れて帰ってくれんね」が減りました。旦那も「機嫌が
良かった」と言ってました。でもこれは良くなっているのではなく
認知が進んでる気がします。義母のいる部屋は集中治療室から出て
一般病棟に移るまでの養生室のようなところのようで、周りの方は
どんどん出て行きます。以前お隣にいた方が居なくなられた時、
「退院されたのですか?」と聞くと「症状が安定されたので◯階に
移られました」って言われた。皆さん1週間ぐらいで居なくなります。

胃ろうの話は、未だに保留。旦那が決めれない状態。
「食べたくない」という本人の強い意思。でも鼻からの経管栄養は
見た目すごく不憫。鼻からの管がなければ飲み込みがもう少し
スムーズになるかもしれない。
アルツハイマーの末期のように意思の疎通も叶わず、自分では
飲み込みができない方とは違いますから、もったいない話です。
こっちの都合を言わせてもらえば、療養型はどこも遠いので、
今後の受け入れ先のこと考えれば胃ろうで近くの特養あたりに
行ってくれれば私的には助かる。でも上の写真見て下さい、毎回
これを目の辺りにする私がどれだけ辛いか。人間、こうなっても
死ねないものなんですね。可哀想に・・・。

「延命処置はいらない」よく皆さんそうおっしゃいますけど、実際
看取りを行ってくれる施設ってそうたくさんありません。夜間
駆けつけてくれるDrもよっぽど懇意な間柄が必要です。

癌にはホスピスがありますけど、高齢者にはないんです。
病院が本人の意思に反して治療を行う限り(治療がないと病院に
いれませんから)家に帰れるはずもなく、どう転んだってこういうこと
になるんです。
オランダやカナダでは寝たきりの老人が少ないって言いますよね。
それは無駄な延命治療をやめることが医者の医療行為とみなされ
ているから。国家的な意識の違いです。
日本も医療費とか介護保険が破綻していく現在、老人医療も
見直す時期に来てるのではないでしょうか?
高齢だから手術はしない、でも死なせない。眠ったように過ごせる
わけでもなく、やれ食事の時間だ、リハビリだって痛みや苦しみが
伴う。自分がそういう目に遭うとしたらすごく怖いわ~。

今年も年賀状は書く気になれない。お返事も出せないと思います。
うちには出さないでいいですからね。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 2

まっちゃん

 しのさん、お久しぶりです。

「介護」と言っても人それぞれ、同じ立場に立たないと苦労は分かりませんね。
私もかなり「愚痴」を言ってますが、しのさんと比べたら「何を贅沢なこと」、と言われそうです。

 人から見れば「これは介護で無い」と思われてるかも。
自分のことはできるし、よちよちでも歩けるし、ただ、口だけは健常者以上、これでいつも衝突してます。
先週、これで腹が立ったので1週間以上顔を見せていません。
仕事をしてないので1日に1度は行くべきなんでしょうが…
「優しさ」を取り戻してみようかしらね。

でも、自分の将来を見てるようで嫌になるんです。
by まっちゃん (2016-12-13 09:49) 

しの

まっちゃんコメントありがとう。
在宅じゃないだけまだ楽なんですよ。去年の年末年始は
地獄でした。意地でもポータブルを使う母。尿こぼしと
いうレベルではないぐらい尿をこぼす。しかも着替えない。
汚れていないと言い張る。どこかしら痛いと言ってデイ
にも行こうとしないくせに医者に連れていけという。
それも近くの病院じゃなく10年ぐらい前に股関節の
手術した車で1時間ほどかかる大きな病院。
いくらポータブル洗っても家中に彼女の尿便臭が漂い
家に帰るのが嫌になるくらい。
by しの (2016-12-13 16:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。